環境再生事業

※更新のタイミングなどで実際と異なるレートが掲載されている場合があることをあらかじめ、ご了承ください。

パリ協定

パリ協定とは、2020年以降の気候変動問題に関する国際的な枠組みです。1997年に定められた「京都議定書」について知られていますが、パリ協定は、この京都議定書の後継となるものです。2015年にパリで開かれた、温室効果ガス削減に関する国際的取り決めを話し合う「国連気候変動枠組条約締約国会議(通称 COP)」で、合意されました。

その結果、世界各国の地球温暖化に対する関心が高まっています。主要排出国を含む、多くの国が参加し、締結国だけで世界の温室効果ガス排出量の約86%、159か国もの地域をカバーするものとなっています(2017年8月時点)。また、2016年11月に開催されたCOP22では、2018年までに協定の実施指針などを策定することが合意されました。

排出権取引

排出権取引とは、環境汚染物質の排出量を低減するための経済的手法のひとつです。

全体の排出量を抑制するために国や企業が温室効果ガスの排出削減を約束し目標を設定し、その目標達成において排出量の取引を認める制度です。

企業は目標より排出量が超えてしまった場合に、他社から排出量を購入しなければなりません。

逆に、目標より排出が少なければ、余った排出量を他社に売却することができます。

このような仕組みを設けることで、目標達成をより柔軟にし、長期にわたる目標の達成が可能となります。

当社では、地球の温暖化対策に取組む企業、及び個人をサポートしていくとともに、地球温暖化の原因である温室効果ガスの排出削減等に関する提案を行っています。

地球環境基金への支援

地球環境基金とは、1992年6月、ブラジルのリオデジャネイロにおいて「環境と開発に関する国連会議」(地球サミット)が開催され、国や地方公共団体、企業だけでなく民間の非営利団体(NGO・NPO)による取組みの重要性が認識されたことを受け、日本では当時の環境庁が中心となり民間団体(NGO・NPO)による環境保全活動への支援を行い、環境保全に向けた国民的運動の展開を図ることを目的として、1993年5月に創設された基金になります。

弊社では令和元年12月に本基金への支援を行い、独立行政法人 環境再生保全機構のホームページへ社名を掲載していただいております。

※当時は旧社名(ウィズキャピタルマネジメント)にて支援を行いました。

独立行政法人 環境再生保全機構

https://www.erca.go.jp/jfge/donation/state/list/list_r01_12.html

株式会社ウィズマネジメント

           © 2018  with management all rights reserved.