“TOGETHER WE  REACH THE GOAL"

ー ニュース ー

2020.3.26   NYダウ、1カ月半ぶりの連騰 政府の企業支援に期待感

25日の米国株式市場では、ダウ工業株30種平均が続伸し、前日比495ドル64セント(2.39%)高の2万2100ドル55セントで終えた。トランプ米政権と与野党の議会指導部が新型コロナウイルス対策として2兆ドル(約220兆円)規模の景気刺激策で合意し、先行き懸念が和らいだ。航空機大手ボーイングやエアライン大手のデルタ航空など政府支援が期待される銘柄に買いが集まった。

2020.3.19   「原油クラッシュ」で負の連鎖 エネ企業の不振が金融へ

原油価格の急落が米エネルギー企業の経営を直撃している。18日までにテキサス州の原油・ガス生産会社など複数の企業が破産申請に追い込まれた。大手でも設備投資を抑制する動きが相次ぐ。同業界への融資が多い米金融機関は与信コストが上昇し、貸出余力は低下する。社債市場からも資金が流出し、M&A(合併・買収)には逆風となる。「原油クラッシュ」が生む負の連鎖は米経済に暗い影を落とす。

2020.3.17   NYダウ急落、過去最大の下げ幅 2997ドル安

世界株安が加速している。16日の米ダウ工業株30種平均は前週末比2997ドル安の2万0188ドルに急落。12日に記録した過去最大の下げ幅(2352ドル)を塗り替えた。下げ幅は一時3000ドルを超えた。米連邦準備理事会(FRB)は15日に緊急利下げしたが新型コロナウイルスの流行拡大で投資家の不安が鎮まらない。欧米では入国制限が相次ぎ、経済活動の停滞も強まっている。

2020.3.13   欧州株急落、過去最大の下げ 伊17%・独仏12%

12日の欧州株式相場は急落し、地域全体の値動きを示す代表的な指数が前日比11%安と過去最大の下落率を記録した。イタリアの株価指数は17%安、ドイツとフランスはそれぞれ12%安で終えた。トランプ米大統領が新型コロナウイルスの対策として前日、欧州大陸からの外国人の入国を止める措置を発表したことを受け、世界経済の先行きを不安視する売りが加速した。
欧州の主要600社で構成する「ストックス600」は大幅に6日続落し、終値は38.24ポイント(11.5%)安の294.93だった。2013年7月以来6年8カ月ぶりの安値水準をつけ、1日の下落率としてはデータを遡れる1987年以降で最大になった。

化粧品販売事業
​コンサルティング業務
環境再生事業

株式会社ウィズキャピタルマネジメント

© 2018  with capital management all rights reserved.